最新情報

2019.01.27 積雪しました!

全国的な寒波の影響を受けて、ファイヤーワールド福岡でも積雪しました!

 

DSCN4365.JPG

薄っすらですが雪化粧しましたblush

 

DSCN4376.JPG

ショールームのアプローチが滑り易くなっています!

お越しの際は、気を付けて歩いて下さいねlaugh

 

 

 

最新情報   投稿者 : mnonaka

2018.01.23 東京出張

寒波に乗って!

ワイヤーワールド グループ研修のため、東京へ出張致しますsurprise

つきましては、明日24~25日の営業を休ませて頂きます。

26日は通常通りの営業となります。

 

IMG_0260トリミ...

ご不便をお掛け致しますが、どうぞ宜しく願い致します。

最新情報   投稿者 : mnonaka

2014.08.05 夏の北欧 乗り物レポート(自動車編)

ノルウェーとデンマークでは、特に市街地でEVを良く見かけました。

 

IMG_0420.jpg

こちらは、オスロの駐車場に備え付けられた給電スタンドで充電中のEVですblush

今年発売になった、テスラモータースのモデル S です。

 

IMG_0224.jpg

モデル S は、5ドアハッチバックのセダンタイプながら7人乗りなのですsurprise

デザインも秀逸ですwink

 

IMG_0225.jpg

大型タッチパネルも装備しいて、まるで家電の様ですindecision

 

IMG_0369.jpg

こちらも道路脇の給電スタンドで充電中の超小型EVですblush 後方のリーフも良く見かけました。

と、言うのもノルウェーでは、EVをとても優遇しています。

課税や高速道路の走行区分帯、市街地の乗り入れ等に大幅な優遇措置があります。

再生可能エネルギーで発電された電気を使うEV に、とても大きな意味があるのです。

 

IMG_0267.jpg

良く見ると、手前から3台並んで駐車しているのが分かりますか?

こんなにコンパクトながら、デザインも手を抜いていないので日本でも売れるのでは!?

少なくとも私は欲しいです(笑)。

 

IMG_1203.jpg

さて、高速道路の様子ですが、制限速度が110km/hなのが分かりますねblush

当然ながら欧州車、特にドイツ車が多く走行しています。

 

IMG_1199.jpg

更に特徴的だったのは、トレーラーを牽引する乗用車が多いことblush

 

IMG_1210.jpg

日本で言う、軽トラを所有している感じでしょうか? 気軽に牽引していましたwink

 

IMG_0095.jpg

とにかく普通自動車で引っ張ります!

こんな大型のキャンピングトレーラーは、夏のバカンスシーズンに良く見かけますwink

 

IMG_0960.jpg

さて、コペンハーゲン市内でタクシーに乗ってみました。

初乗りは55dkrで¥1,000位。

 

IMG_0962.jpg

メルセデスE300の最新モデルですが、BLUETEC HYBRIDで日本未導入モデルです。

先代のE300CDI に比べ動力性能で見劣りすることはありませんでした。

軽油1L当たりの実際の走行距離は16~17kmで、こちらもCo2の削減が先代のE300CDI に比べて

-35%とのこと。 大変良くできていますyes

 

IMG_0646.jpg

そして燃料費ですが、街で見かけたガソリンスタンドの表示によると・・・、

 ガソリン92オクタン(レギュラー)1L ¥250

 ガソリン95オクタン(ハイオク)1L ¥250でほぼ同じ。

 軽油は1L ¥216 なり! 

それぞれ、日本の1.3~1.5倍の価格ですねsurprise 高ッ!

 

IMG_0971.jpg

それでも好きな物は好き! 車好きは世界中に居ますwink

 

IMG_0972.jpg

非常にキレイなコンディションのトライアンフTR6ですlaugh

普通に乗って、普通に路駐しているところが格好良いですyes

 

IMG_0831.jpg

内陸部の田舎道では、オースチンミニのピックアップも普通に走っていましたcheeky

 

IMG_1229.jpg

さて我々は今、正にエネルギーを中心とした時代の変革の中に居ますsurprise

化石燃料は、大気を汚染しながら枯渇の一途を歩んでいます。

その様な中で今後、益々バイオマスエネルギーを含む再生可能エネルギーは見直されて行くでしょうyes

そして薪を燃料とする薪ストーブのマーケットも拡大して行くと思われます。

そのためファイヤーワールド福岡では、全てのユーザー様が安心して薪ストーブライフを送れる様、正確な

情報とサービスを提供していきます。

どうぞご期待下さいwink

最新情報   投稿者 : mnonaka

2014.03.21 福岡も桜が開花!

福岡県福岡市博多区博多駅前の深夜のホテル日航福岡で、絵画の設営工事を行いました!

 

DSCN8326.jpg

えッsurprise薪ストーブと関係無いって!?

そうなんです、でもたまにはこんなこともしていますcool

 

DSCN8333.jpg

展示するのは、最大畳4帖分の広さがある巨大な日本画ですsurprise

そのために私が設計した、これまた巨大な組み立て式の衝立です!

 

DSCN8337.jpg

衝立だけでも重量が200kgを超えますので(NEW アンコール位)、安定感は抜群です!

 

DSCN8340.jpg

舞台裏の様子ですblush

ワイヤーでしっかり固定します。 これで盗難(!?)の心配もありませんwink

 

DSCN8339.jpg

ロビー入り口正面に展示されるのは、満開の桜の絵ですlaugh

 

DSCN8350.jpg

そして、その裏面にはとても落ち着いた趣の、断崖にひっそりと咲く山桜の絵ですsmiley

この他にも多数展示しました。

 

DSCN8345.jpg

日本画家の笠青峰先生です。

なんと笠先生、ヨツール社 F400のオーナーでもありますsurprise

様々な桜をテーマにした日本画展「櫻交響曲」は、本日21日(金)より4月6日(日)までホテル日航福岡で

展示されています。

是非皆様お誘い併せの上、私が設計した衝立を(モトイ)キャンバスの中に咲く桜をご覧に足をお運び下さい!

最新情報   投稿者 : mnonaka

2012.09.15 博多三大祭り

福岡市東区の箱崎宮で行われている「放生会」(ほうじょうや)に行ってきました。

(たまには薪ストーブから離れて)

命を尊び、海の幸山の幸に感謝する祭りです。

 

IMG_0686.jpg

参道には出店が立ち並び、日本のどこででも見られる祭りの風景ですblush

雨が降ったり止んだりですが、かなりの人出です。

期間中100万人が訪れるとの事。

 

IMG_0638.jpg

こちらは名物「生姜売り」。

その昔、箱崎の農家が栽培していた新生姜を参道で売り出したものが始まりで、今では名物となっています。

 

 

IMG_0689.jpg

知っているものから知らないものまで、新旧のキャラクターが勢ぞろい!

見ているだけで童心に返りますねlaugh

 

IMG_0658.jpg

参道を進むと、921年に創建された本殿が見えてきました。

神門に「敵国降伏」と過激な言葉の扁額がかかげられていますが、1274年の元寇の際蒙古軍を撃退した

とされる神風は、当社の神徳であると言われている事に起源します。

 

IMG_0664.jpg

本殿に御参りすると、厳かな佇まいが支配していますblush

参道の賑やかさとのギャップが大きく「場」の持つ力を感じます。

博多三大祭りの「博多祇園山笠」との関係も深く、祭りと神の関係が伺えます。

 

IMG_0702.jpg

帰りは小腹が空いたのでたこ焼で腹ごしらえcheeky

さて博多三大祭り残りの一つは、もちろん「博多どんたく」yes

そうです博多の町と人は、年中祭りで忙しいのです。

 

最新情報   投稿者 : mnonaka

2012.07.02 デンマークレポート(最終回)

デンマークレポートの最終回は、ちょっと変わった視点で見た番外編で締めくくりたいと思いますlaugh

やっと最後です(笑)

 

IMG_6753.jpg

今回は、往復共にルフトハンザ航空での空の旅となりました。

機体は最新鋭のエアバスA380、最大840席の2階建て構造ですsurprise

 

IMG_6735.jpg

もちろんエコノミーですが、シートはRECARO製でまずまずの座り心地yes

液晶はタッチパネルになっており、映像プログラムも充実のラインナップ!

 

IMG_6734.jpg

座席ボタンもかなりシンプルにまとめられていますが、座席数が多いので一機あたりの信号配線の総長さは

500㎞を越えているそうですsurprise

 

IMG_6755.jpg

そんなA380はB747(ジャンボ)が退役した今、世界最大の旅客機です。 (撮影:フランクフルト空港)

 

IMG_6960.jpg

さて、こちらはコペンハーゲンのとある画廊です。

アーティストが描いたミッキーの画が観えますねえlaugh よく見ると・・・、NGなミッキーでしたcrying

 

IMG_7132.jpg

行ってきました世界三大がっかり名所の一つ、アンデルセン童話の人魚姫の像です。

観光客に抱き付かれて、何だか悲しげな表情ですcrying

 

IMG_7134.jpg

しかし、実はかなりの人気者で、周囲はモノスゴイ混み具合ですblush

 

DSCN0623.jpg

更に、中国の要人にも人気でした。

翌日、デンマークを訪問中の胡錦濤国家主席も訪れていましたcool

 

IMG_7063.jpg

街を歩いていると分かり易いサインに遭遇blush ゴミのポイ捨てをさせない工夫ですwink

 

IMG_7353.jpg

さりげなく停めている自転車も絵になります。

 

IMG_8603.jpg

港町コペンハーゲンには、カモメが優雅に舞っています。

 

IMG_7115.jpg

後ろの大型船は、ノルウェーのオスロまでを結ぶ客船です。

 

IMG_7832.jpg

こちらはオーデンセの朝市の様子です。

サマータイムでも朝は早い!

 

IMG_7830.jpg

「ちょっとあなた、このレモンおまけしてよ!」 なんて言っていませんangel

 

IMG_7848.jpg

「はい25クローネ」、「まいど!」

 

IMG_8077.jpg

外は明るいのですが、これでも夜の10時を回っています。

 

IMG_7808.jpg

カフェラテが28クローネ(約¥500)です。

 

IMG_6951.jpg

夜の11時頃。

ショーウィンドーから半地下のバーを覗き見る。

照明は極端に少なく、街も店内も暗いのです。

1/15 F3.5 手持ちのギリギリです。

 

IMG_6982.jpg

個人エネルギーをカフェで発見! 男性の口からエクトプラズムが放出され女性を虜に・・・、 

もちろん違います、ご安心下さい。

 

IMG_8508.jpg

夜の11時過ぎ、ようやく日没を迎えます。 モース島までを結ぶ橋には元々照明がありませんsurprise

過剰なサービスや公共投資(特に土木)は行っていないのですね。

高速道路や橋梁に照明が無いなんて日本では考えられないのですが・・。

 サマータイムや風力発電、薪ボイラー、薪ストーブ、バイオメタンガス発電等々、自然の仕組みを大変上手く

活用してエネルギーの供給を行っていました。

国の人口が僅かに550万人! 日本の20分の一です。

エネルギー転換期の日本が抱える問題の解決方法が幾つもあります。

「足るを知るヒトの国 デンマーク」 世界一幸福な福祉国家は、自然エネルギー先進国でもありましたyes

 

最新情報   投稿者 : mnonaka

2012.06.27 デンマークレポート(その7)

今回は一般のご家庭にお邪魔しましたwink

 

前景.jpg

morso社の社員さんのお宅ですblush  言って置きますが、郊外のごく普通のお宅です。

広い広い敷地に母屋が建っています。

 

IMG_8447.jpg

中庭で振り返ると、大きな大きな納屋が建っています。

 

IMG_8360.jpg

そして、納屋から馬に乗った子様達がお出迎えsurprise

 

IMG_8413.jpg

近所の子供達も集まって、敷地内の馬場で乗馬の練習をしていたのです!

なんと!蹄の手入れも自分達で行います!!

 

IMG_8407.jpg

だから馬術も中途半端なものではありません! 障害競技の見事なジャンプですcheeky

子供達の先生役は、年長のお姉さんです。

 

IMG_8382.jpg

そんな彼女も、週末には馬術大会に参加のため遠征をするそうです。 頑張れyes

 

IMG_8379.jpg

そして、いよいよお宅にお邪魔しましす。

白い壁とナチュラルな床が素敵な内装ですねlaugh

 

IMG_8368.jpg

ことらも白が基調の素敵なキッチンです。

 

IMG_8366.jpg

こちらはダイニングです。

お気付きかも知れませんが、照明は全てルイスポールセンのランプです(キッチンも)。

50年以上前の代表的なデンマークデザインです。

やはり良いものは古さを感じさせませんねyes

 

IMG_8367.jpg

そして薪ストーブ!

こちらの7648CBは日本でも手に入るモデルですよ。

光をたくさん取り入れるために、窓は高く床から天井付近まであります。

更に、カーテンやブラインドは無いのが当たり前なのです。

 

IMG_8378.jpg

本当に住んでいらっしゃるのでしょうか? 素敵すぎます!

 

IMG_8372.jpg

こちらの書斎にもルイスポールセンのサテライトペンダントがチョイスされています。

さて、窓は大きくとっていますが壁の厚みは30㎝もあり、50㎜の断熱材を挟んだ二重レンガ構造です。

日本の住宅とは比較にならない、断熱と蓄熱の効果が期待できますyes

 

IMG_8390.jpg

こちらは、納屋の二階にあるレクレーションルームです。

長い長い冬の間の子供達の安全な遊び場です。

広さは50畳位で、奥には別の部屋が広がっていますsurprise

 

IMG_8389.jpg

そして、この部屋を暖めるのは3610CBです。

一階の馬小屋のストーブより伸びる断熱二重煙突に連結されています。

 

IMG_8374.jpg

テラスの先、遠くお隣まで広がる牧草地も敷地との事、羨まし過ぎる。

以上、郊外のごく普通のお宅訪問でしたcrying

 

最新情報   投稿者 : mnonaka

2012.06.25 デンマークレポート(その6)

モース島にあるmorso社を訪問しました。

 

IMG_8451.jpg

モース島は、滞在したホテルの目の前blush

美しいデザインのラーメン橋を渡ればmorso社まで車で10分程の距離です。

 morso社は1853年に創業した、大変歴史ある鋳鉄製薪ストーブメーカーです。

デンマーク王室御用達の称号(他ではロイヤル・コペンハーゲンやレゴが有名)を得ており、確固たる信頼と

実質的シェアを有しています。

 

IMG_8356.jpg

そんな私達の到着を出迎えてくれたのは、それぞれの国旗と・・・、

 

IMG_8104.jpg

morso社 ハンセン社長ですlaugh

 

玄関1.jpg

更に、玄関奥のショールームでは炎がお出迎え!

この日の外気温はなんと15℃ surprise 間もなく夏至が訪れると言うのに!

 

玄関2.jpg

ショールーム奥の事務所でも、ビルトインタイプの5660CBが燃えています。

 

ライン1.jpg

ハンセン社長による熱の込もったプレゼンテーションの後、工場の見学です。

しかし社員の多くは、1ヶ月のバカンスシーズンに入っており、組み立てラインは極僅かしか稼動していません。

 

在庫2.jpg

完成ラインには沢山の在庫がありますblush

写真の6148は日本未発売モデルです。

 

在庫3.jpg

3440CBが完成を待ちますyes

 

ライン3.jpg

そして、一通りの見学を終えた私達に用意されていたメニューは、なんとストーブの組み立てでしたsurprise

 

組み立て1.jpg

実際にラインへ入り、本体にガスケットを取り付け、ボルトを締め、組み立てていきます。

 

組み立て2.jpg

刺青も凛々しいアランに手解きを受け、40分で約50%の組み立てが進みましたyes

簡単で組み立て易い構造は、メンテナンスの容易性につながります。

 

出迎え.jpg

そして次に案内されたのは、morso社の中枢であるデザイン室です。

個人的には最も興味があるエリアですwink チーフデザイナーが出迎えてくれました。

 

CAD2.jpg

デザイン室には5名のデザイナーが在籍しています。

ここで言うデザイナーとは、金属加工や燃焼工学に長け、もちろんデザインセンスがある設計士のことですyes

先に訪問したSCAN社とは対照的で、マーケットリサーチから新商品の設計までこのデザイン室が行います。

 

CAD1.jpg

設計(デザイン)には3D CADを使用していました。

ソリッドワークスのようなソフトで、CPファクトリー(仮想工場)を備えているのが特徴ですblush

好きな部位でカットでき、画面上で分解と組み立てができます。

 

プレゼン6.jpg

チーフデザイナーより、morso社の詳しいデザインコンセプトを説明していただきました。

なんとなく スティーブ・ジョブス氏似enlightened

 

プレゼン7.jpg

丁寧なプレゼンは続きます。

私達ディーラーに何をどんな風に伝えると、日本のエンドユーザーまで届くかを知っている方です。

そして彼が、「タイムレスデザインこそが良い商品だ」と言っていたのが印象的でした。

商品がユーザーフレンドリーであれば、破損や焼損した場合でも必要な部品のみ交換でき永く使うことが

できます。

タイムレスデザインとはその様なことで、簡単な構造で容易なメンテナンス性、流行に左右されない飽きの

来ないユーザー目線のプロダクトを設計(デザイン)することです。

 

燃焼試験1.jpg

デザイン室の隣には燃焼実験室があります。

燃焼室に不活性ガス等を注入し、燃焼データを抽出しています。

 

IMG_8309.jpg

そして更に奥の部屋には、安全離隔距離を計測する測定室があります。

移動式の黒い壁は、悪い条件下で赤外線の影響(壁の熱線吸収)がデータに出るようにです。

あえて厳しい条件で試験を行っているのですねwink

 

IMG_8192.jpg

さて、日本未発売モデルも数多くありましたsurprise

なかでも、個人的に大変興味があるモデルがこちらの5448シリーズです。

鋳物の特性を知り尽くしたデザインが素敵ですyes

 

パフォーマンス1.jpg

午後、ハンセン社長はパフォーマンスを始めましたblush

新商品 morso LIVING シリーズのアウトドア用ピザ釜 "FORNO" の紹介です。

 

パフォーマンス2.jpg

ユーモラスな形が親近感を生みます。

なんだか ハクション大魔王 の住みか「魔法の壷」にも見えてきましたenlightened

しかしながら、直径750㎜ 重さ110㎏ の堂々としたものです。

熱せられた鋳鉄からの遠赤外線効果でオーブン料理を楽しめます!

 

質問1.jpg

ハンセン社長に予め用意しておいた質問にお答え頂きました。

かなり突っ込んだ内容でしたが、どれも期待以上の回答を頂きました。

例えばブランド戦略における優位性や、自社製品に対するステークホルダー、インナーブランディングの方法等

大変興味深いお話を聞くことができましたyes

 

質問2.jpg

最後になりますが、ハンセン社長を始め関係者の方々には、今回の工場訪問が大変実りのあるものと

なりました事に感謝申し上げます。 ありがとうございましたwink

 

 

 

最新情報   投稿者 : mnonaka

2012.06.25 デンマークレポート(その5)

デンマークの自動車事情をレポートします。

(またまた趣味に偏ってスミマセン)

 

DSCN0353.jpg

コペンハーゲンと地方都市を結ぶフリーウェイですblush

隣国のドイツ車が多いのは一目瞭然ですが、他のメーカーも良く見受けます。

 

IMG_6879.jpg

そこで本当の割合が知りたくて調査をしてみましたwink

*全てのメーカーと型式・色を記録したのですが、ここでは台数割合を国別で発表します。

調査エリア:コペンハーゲン中心部の高層アパート駐車場

時間帯:AM4:00~5:00

対象台数:132台

 1位:41%でドイツ

 2位:16%でフランス

 3位:12.5%で日本

 4位:7.5%でイタリア

 5位:6%の同率でスウェーデン・北米・スペイン

 8位:2%で韓国

 9位:1.5%の同率で中国・英国

と、言う訳で陸続きのヨーロッパ車が78%を占める結果となりましたyes 

因みに、車種は全部で83種類ありました。 中でもMINIとゴルフGTIがダントツの人気です。

何事も、調べてみなくては分からない(満足満足)。

 

IMG_8526.jpg

さて、街中でこんな駐車場を見かけましたsad

 

IMG_8528.jpg

そうです、給電スタンドです。

スタンドを見る限り、料金の徴収システムは無いようでした。

電気自動車の優位性をPRしているのかもしれません。

ここデンマークでは100%自然エネルギーによる発電なので、その意味はとても大きなもの言えるのです!

 

IMG_6953.jpg

そして、そのことをしっかりと理解しているのでしょう!

北米テスラモータースのショールームが街の中心部にありましたsurprise

同社が生産する「テスラ・ロードスター」は100%EVのスポーツカーです。

本社はシリコンバレーにありますが、車体そのものはノルゥエーで生産されています。

エコ先進国が多いヨーロッパ市場を念頭に生産を行っているのでしょう。

ベンチャー企業だけあって、しっかりと先を見据えているようですwink

 

IMG_6929.jpg

そして町で見かけるほとんどの乗用車には、ディーゼルエンジンが搭載されていますsurprise

BMWも!

 

IMG_6944.jpg

メルセデスも!

 

IMG_6996.jpg

アウディも!

日本では、車のイメージや動力性能が悪くなると言う理由でほとんど導入されていません。

しかし、ガソリン車に比べ二酸化炭素の排出量は十分の一です!

排気されるパティキュレーター(黒鉛物質)の量も、厳しいEU規制で格段に減りました。

もちろん薪ストーブの排気物質も同じ対象になっており、各メーカーは燃焼技術の向上に余念がありませんyes

 

IMG_6950.jpg

こちらは燃料スタンドです。

1クローネは約¥15です。

(実際は物価指数が違うため1クローネは¥20位が妥当と言われています)

単純計算ですが、92オクタンのレギュラーガソリンが1リットルあたり¥177.2となりますsurprise

ディーゼル燃料は、1リットルあたり¥155.9です。

注)この料金の中には25%の消費税他が含まれます。

 

IMG_8834.jpg

さてディーゼルエンジンですが、本当に加速や振動が気になるのでしょうか?

そこで、実施に乗ってみましたwink

対象車種は、現行のメルセデス EクラスAT車です。

5名のフル乗車にも関らず加速に全く不満はありません。

騒音も全く気にならず、外にいてもディーゼル音を判別するのは難しい程です。

もちろんアイドリングストップを装備しています。

 

IMG_8734.jpg

因みに、タクシーの初乗り料金は58クローネ(約¥870)。 高い! 消費税25%!!

 

IMG_7240.jpg

さて、今回のレポートはデータが多かったので「読むの疲れたよ!」と言う方は、可愛いベスパカー移動カフェの

写真でホッと一息いれてください。

以上、デンマークの自動車事情でした!

 

IMG_7070.jpg

薪ストーブとほとんど関係ないレポートを、最後まで読んでいただきありがとうございました、バイバーイ(笑)。

 

最新情報   投稿者 : mnonaka

2012.06.24 デンマークレポート(その4)

morso博物館を見学しました。

 

博物館1.jpg

博物館は、モース島 リムフィヨルドの旧morso工場跡にあります。

 

クラシックストーブ1.jpg

過去150年余りにわたる製品を展示しています。

広報担当より とても詳しく説明をして頂きましたlaugh

 

レリーフ1.jpg

ことらは1800年代後半surpriseのストーブ側面のレリーフです。

主にバイキングの伝説や王様の偉業、宗教上の物語がデザインモチーフになっています。

 

クラシックストーブ4.jpg

この時代(1900年頃)のストーブは燃料に石炭を使用していました。

そのため、燃焼室は比較的小さく設計されています。

それにしてもデコラティブですねえblush 素晴らしい鋳造技術です。

 

クラシックストーブ3.jpg

時代は下り(1950年前後)燃料も薪専用となりました。 なんとなく見覚えがあるデザインですねlaugh

左手前のストーブ(1943年製)は、2B-Jとしてガラスドアを与えられ、なんと今年復活したのです!

もちろん現代の燃焼技術を装備しています。

 

教会型ストーブ.jpg

こちらは教会に設置されていた産業用の大型ストーブですblush

鋳鉄製の室内煙突は長く、しかも無数の放熱板が取り付けられています。

最大限に熱を採る工夫がされていたのですね。

現代では、ストーブ本体の燃焼効率と気密性があがり、煙突からの採熱は全く考えられていません。

もちろん断熱二重煙突との組み合わせが、設計の大前提になっていますwink

 

レリーフ5.jpg

150年をかけてゆっくりと積み重ねてきたデザインには、重みと説得力があります。

ストーブという北欧の民にとっての必需品は、リデザインを繰り返し世界のユーザーにとって

使い易くて親しみ易いフレンドリーな商品に進化して行ったことを学ぶことができましたyes

 

 

最新情報   投稿者 : mnonaka