薪ストーブ

2016.05.31 熊本大地震

未曾有の大地震より約1ヶ月半が経ちました。

このたび、被災された方々には心よりお見舞い申し上げるとともに、復興に尽力されている

皆さまには安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

地震直後より、弊社施工のユーザー様とは連絡が取れ安否の確認はできていました。

幸い住宅の倒壊等は無く、設置した薪ストーブは状態が悪くても傾いた程度で、転倒はありませんでした。

煙突の接続を含め、簡単な修理程度で復旧できそうです。

修理のご依頼を受けた現場に行ってきました。

 

DSCN0482.JPG

最初の現場は、三船町のお客様宅です。

被災地では、交通渋滞や通行規制が多く、そのため小周りが利くオートバイで移動しました。

 

DSCN0498.JPG

林道を抜けた先にある現地に到着です。

 

IMG_2645.JPG

炉台は、レンガを積んだだけの遮熱壁が足元から倒れ、煙突と薪ストーブにもたれ掛りました。

 

DSCN0504.JPG

煙突は少し凹み、本体の脚が一本折れてしまいました。

 

DSCN0499.JPG

レンガを撤去した様子です。

 

IMG_0676.JPG

折れた脚を、予め取り寄せていた部品と取り替え修理が完了です。

 

DSCN0511.JPG

薪ストーブは、スキャン社 CI-1GL、愛称は「みにくいアヒルの子」 です。

メーカーの生産が終了して7年が経ちますが、部品はしっかり出て来ます!

本国のメーカーと輸入元がしっかりしているので安心ですね。

煙突は、NOVA 製 SF 5インチ断熱二重煙突です。

脚が折れた「みにくいあひるの子」とレンガの衝撃に耐え、薪ストーブ本体の転倒を防いでくれました。

 

DSCN0481.JPG

移動の途中、西原村の様子です。

被災した現地では、写真を撮るのも忍びない位に殺伐とした光景が広がっています。

それでも、鯉のぼりが空に泳いでいたのは勇気付けられます!

その様ななかで、現地の方に興味深いお話を聴くことができました・・・、

「私の自宅は2度目の地震で倒壊しました。」

「なのに2度の激震を受けてもほとんど被害が無い家屋があるんです!」

「でも、道路を挟んだお向かいは、1度目の地震で倒壊しました。」

確かに、写真一番手前の屋根はシャチ鉾を含め屋根瓦は無傷の様です。

しかし、その奥は大きな被害を受け、更に奥は被害が小さい様です。

左側奥の竹林は崩落しています。

震源付近では、ごくごく狭い範囲で、例えば活断層と活断層に囲まれたエリアは揺れから切り離され、

被害を受けにくかったのかも知れません(あくまで筆者の想像です)。

地盤が浮遊し、偶然にも免震構造の様な状態だったのでしょうか?

 

DSCN9858.JPG

さて益城町のお客様宅に到着です。

15°のエルボーを使ってオフセットしたかの様に、薪ストーブが横方向に動いています。

 

DSCN9859.JPG

煙突はSRCの断熱二重煙突です。

ジョイント部分が外れ折れ曲がった様に見えますが、変形等は確認できません。

ロッキングバンドが煙突の縁を掴み、かろうじて煙突の脱落を防いでくれました。

断熱二重煙突は、設置強度の意味でも重要ですね!

 

DSCN9867.JPG

メンテナンスも同時に行い、薪ストーブを正規の位置に戻して作業が完了です!

 

DSCN0523.JPG

南阿蘇村の現場に移動する途中です。

鳥居の支柱が動き、上部が離れてしまったまま立っています。

この鳥居に程近いお客様宅では、幸いにも被害が無く、薪ストーブ(イントトレピットⅡ)も数センチ動いただけで

済みました。

この様に被害の大きさは様々です。

しかし被害を受けた方々は、今までの日常の風景が一変してしまったことに違いは無く、耐えがたい苦痛だと

思います。

今回の地震で被災した方とその地域の方々が、一日も早く日常の生活を取り戻せる様お祈りいたします。

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2016.05.08 クッキング薪ストーブ!

福岡県久山町の新築住宅で、クッキング薪ストーブの設置を行いました!

 

DSCN9648.JPG

設置する場所は、土間フロアになりますblush 

スケルトンな鉄骨階段が、土間とリビングの空間を広く見せてくれますね!

普通ありがちな、階段下収納をあえて設置しないのがとても格好良いですyes

 

DSCN9654.JPG

ロフトの天井まで一期工事で設置した煙突に、室内煙突(もちろん断熱二重煙突)を接続していきます。

 

DSCN9656.JPG

二階の吹き抜け部を通過して・・・、

 

DSCN9658.JPG

土間まで、煙突が下りてきましたcheeky

 

DSCN9661.JPG

外部デッキより、直接土間に搬入できました!

 

DSCN9663.JPG

先は、薪ストーブ本体を設置して・・・、

 

DSCN9664.JPG

その上に、オーブンを接続します。

 

DSCN9672.JPG

完成し、その日のうちに試運転となりましたlaugh

こちらのクッキング薪ストーブは、ワム社 クッキング4です。

ダンパーで煙道を切り替え、オーブンを加熱する構造になっています。

鋼板製のためか、どことなくブリキのロボットを想像してしまいます。

表情があって存在感があるクッキング薪ストーブですね!

美味しいオーブン料理を楽しんで下さいwink

 

設計・管理:キトレペ建築設計事務所

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2016.04.27 春の全工事

福岡県太宰府市の新築住宅で、全工事を行いました!

 

DSCN9651.JPG

今回の煙突プランは壁出しですblush

壁の中には、予めメガネ石を取り付けておきます。

破風にブラケットを取り付け、煙突の高さと寄りが決まります!

 

DSCN9653.JPG

90°の曲がり位置も計算通りですwink

 

DSCN9658.JPG

重量がある断熱二重煙突は、堅牢なチャンネルブラケットで固定します。

化粧板を取り付け、外部の雨仕舞いは完了ですyes 

 

DSCN9660.JPG

室内も化粧板が取り付き、薪ストーブ本体の設置準備が整いましたangel

 

 

DSCN9666.JPG

今回の搬入はテラスからblush

 

DSCN9669.JPG

室内煙突(もちろん断熱二重煙突ですよ!)を接続し、SCAN社 アンデルセン8の設置が完了しました!

今年の秋頃、もう一度火入れのためにお伺い致します。

 

DSCN9675.JPG

さて煙突の右側奥、ケヤキに隠れてもう一つ煙突があるのですが見えますか?

 

DSCN9674.JPG

ズームしてみましたblush

こちらは、4年程前に弊社で施工させて頂いたもので、バーモントキャスティングス社 アンコールが

納まっています!

ゆっくりとですが、地域に薪ストーブが普及しはじめていますwink

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2016.04.05 薪ストーブクッキング!

各地から届く桜の開花ニュースが、薪ストーブシーズンの終わりも告げていますcrying

 

DSCN0271.JPG

いえいえ、そんな事はありません!

主暖房としての役目が終わったこれからの時期は、クッキングを楽しんでみてはいかがでしょうか!?

と、言う訳で、簡単なのに本格的な薪ストーブクッキングをご紹介致しますlaugh

使用する薪ストーブは、ご存じ SCAN社 アンデルセン8 です。

 

DSCN0273.JPG

先ずは、薪ストーブの炉内を使ったオーブン料理です!

クッキングスタンドと10インチのダッチオーブンが良い仕事をしてくれます。yes

 

DSCN0277.JPG

肉屋さんで調達した丸鶏を、野菜と一緒にダッチオーブンの中に詰め込みますblush

背中が焦げない様にセロリを敷き詰め、チンしたジャガイモやニンニクを入れのがポイントです。

お腹の中にもニンニクやニンジンをたっぷり詰め込みます!

 

DSCN0290.JPG

火の加減は、170~190℃がベスト!

200℃を超えると、中に十分な火が通る前に、表面が焦げてしまいます。

 

DSCN0289.JPG

そして何よりも大事なのは、下より上からの熱を強くすることですsurprise

待つこと70分・・・、

 

DSCN0298.JPG

パリッと焼けた鶏の丸焼きができましたcheeky

 

DSCN0302.JPG

お次は、こんな便利グッツを使ってピザを焼いてみます!

もちろん、クッキングスタンドとピザパンの組み合わせでも大丈夫です!

 

DSCN0306.JPG

中身は市販の冷凍ピザなのですが、水分が飛んで実にパリッと焼けましたyes

こちらの所要時間は、1~2分程ですsurprise

直火なので、燃えない様によく見ておかなくてはいけません!

炉内を使ったクッキングは、どんな薪ストーブでもできますwink

大きな暖房が要らなくなったこのシーズン、薪ストーブの楽しみ方を広げてみて下さい!

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2016.04.01 生産終了(涙)

大分県中津市の既設住宅で、薪ストーブの全工事を行いました!

鳥の唐揚げが美味しくて有名な町ですlaugh

 

DSCN9824.JPG

日ごろの行いが良いのか、天候に恵まれましたwink

先ずは瓦の解体です!

 

DSCN9831.JPG

室内からは、天井に穴を開けて防火区画の造作を行いますblush

 

DSCN9832.JPG

小屋裏内は意外に混雑しており、梁や母屋・火打ち・配管を避けて煙突の位置を決める必要がありますsurprise

 

DSCN9843.JPG

安全上、断熱二重煙突は当然ですが、小屋裏に煙突が露出しない様に煙突囲いを造作するのですyes

 

DSCN9845.JPG

煙突の位置が決まったところで完全に固定します!

 

DSCN9848.JPG

雨仕舞いフラッシングを取り付け・・・、

 

DSCN9858.JPG

瓦を復旧すれば、屋根の雨仕舞いが完了ですwink

 

DSCN9838.JPG

ここで薪ストーブの搬入ですが・・・君、邪魔ですblush

 

DSCN9839.JPG

何か、お手伝いしたいのは伝わって来るのですが・・・indecision 君には無理かも。

 

DSCN9855.JPG

無事に搬入も終わり、室内煙突を接続すると設置が完了です!

 

DSCN9861.JPG

その日の内に取り扱い説明を終え、火入れを行いましたyes

さて、設置した対流式薪ストーブの代表的人気モデル SCAN社 アンデルセン8 ですが、なんとblush

本年をもって生産の終了が決定しましたsurprise

そして、大型モデルのアンデルセン10も同じく生産終了となります。

ご注文は、5月末までの予約受付けとなります!

ご検討中のお客様は、是非お早めのご決断をお勧め致します!!

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2016.03.30 開花しました!

ちらほらと花便りが届いていますが、ファイヤーワールド福岡の桜も開花しましたlaugh

 

DSCN0246.JPG

今年も無事に咲いてくれました!

これは、二日前の様子ですblush

 

 

DSCN0266.JPG

そしてこれは、本日の様子です!

お陰様で、移転して二年目の春を迎えましたwink

 

DSCN0254.JPG

ショールームより徒歩1分のところにある国指定史跡「日拝塚」の桜は、すでに8部咲きといったところsurprise

住宅街にあるので知る人も少ないお花見の穴場です!

福岡では週末に見頃をむかえます。

これから桜前線が北上し、やがて北海道に到達するでしょう。

是非、ファイヤーワールド函館の開花情報をお待ちしておりますyes 

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2016.03.16 中学校に薪ストーブ!

長崎県対馬市の既設中学校で、薪ストーブの設置工事を行いました!

 

DSCN0055.JPG

出発の前日、積み込み前の様子をショールームでパチリ!

そうなんです、今回は2台を同時に設置するのですsurprise

そんな薪ストーブは、デンマーク製 モルソー社の 7110CB 。

本体の側面には、バイキングのルーン文字に良く登場する「セント・ヨハネ・シールド」と呼ばれる魔よけの

シンボルマークがデザインされています。

 

DSCN0060.JPG

さて深夜の博多港、これより対馬行きのフェリーで、4時間半の船旅です。

それにしても、最近は良くフェリーに乗っていますねlaugh

 

DSCN0064.JPG

翌朝、現場の対馬市立佐須中学校に到着です!

 

DSCN0069.JPG

早速、重機を使って薪ストーブ本体の搬入ですblush

クレーン玉掛けの資格、もちろん持っていますyes

 

DSCN0070.JPG

被服室のベランダより搬入した薪ストーブは、二台並んで・・・、

 

DSCN0075.JPG

土曜日で、生徒さん達が不在の廊下を進みます!

 

DSCN0065.JPG

すでに外部には、立派な足場が仮設されています!

 

DSCN0077.JPG

先ずは、その最上部でアンカーの打設作業を行います。

 

DSCN0080.JPG

軒先に段差があるため、予め製作していたブラケットで出幅の調整を行いますyes

 

DSCN0092.JPG

丸トップを取り付け、外部煙突の設置が完了ですwink 

 

DSCN0095.JPG

煙突は、2階のベランダより出て、3階を通過しています。

 

DSCN0110.JPG

煙突の貫通部は、ガラス窓をアルミ板に取り替えて対応ですblush

 

DSCN0114.JPG

無事に教室への設置が完了しましたlaugh

 

DSCN0101.JPG

さて、次の現場です!

こちらも予め、ガラス窓をアルミパネルに取り替えて煙突の貫通部を確保します。

 

DSCN0109.JPG

薪ストーブの設置場所は、やはり2階となります。

 

DSCN0115.JPG

この部屋は多目的室となっており、一部は図書室です。

 

DSCN0116.JPG

更に、この部屋は壁と天井が木仕上げとなっており、消防法はもちろん対馬市の火災予防条令を

クリアするため、やや複雑な煙突の取り回しとなりましたblush

 

DSCN0121.JPG 

ほど無くして、多目的室も設置が終わりました!

これで、土日の2日間を掛けた薪ストーブ工事が完了しましたyes

明日は早速、燃焼試験を兼ねた取り扱い説明ですsurprise

 

DSCN0133.JPG

さて、月曜日となりました。

ごく普通の教室に薪ストーブが設置されましたlaugh

これより発注者様の検査を受け、燃焼試験となります。

実際に、使用と管理を行う先生方達には、特に分かり易い取り扱い説明が必要です。

 

DSCN0149.JPG

各方面よりご質問を受け、ご納得(!?)を頂きましたlaugh

校長先生に火を入れてもらい、慣らし焚きがスタートです!

こちらは、新一年生の教室となります!

 

DSCN0169.JPG

多目的室では火入れ後、早速生徒さん達が集まって来ました!

興味深々ですねwink

それにしても、薪ストーブがある図書室なんて素敵過ぎます!

火と刃物を遠ざける昨今の教育方針の中、同校では薪造り等の体験学習を行っていくそうです。

自然と対話し、生きる力を養う事ができる素晴らしい取り組みだと私は思います。

 

DSCN0194.JPG

丸3日間の工程を無事に終え、博多港へ戻ることとなりました。

この場をお借りしまして、関係者の皆様にお礼を申し上げます。

 

発注:長崎県対馬市対馬市長

設計:対馬設計

施工:有限会社橘建設

 

 

 
薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2016.03.09 春の気配(その2)

福岡県福岡市の既設住宅で、薪ストーブの全工事を行いました!

 

DSCN9981.JPG

現場には、市営渡船のフェリーで向かいますblush

 

DSCN0034.JPG

そうなんです、行き先は博多湾に浮かぶ小さな島、能古島なのですlaugh

 

DSCN0042.JPG

春の陽気に恵まれたこの日、セーリングを楽しむヨットを何杯か見かけました。

 

DSCN9991.JPG

そして、わずか10分で島に到着!

日常の交通手段となっており、徒歩や自転車のお客さんと下船ですblush

 

DSCN9994.JPG

さて、現場に到着です。

今回は、煙突を壁出しにするため、もともとあった穴を利用してメガネ石を壁の中に納めます。

 

DSCN9999.JPG

メガネ石が、所定の場所に固定されました。

 

DSCN0001.JPG

外部では、壁面に煙突固定用のブラケットを取り付けます。

 

DSCN0005.JPG

外壁より、断熱二重煙突を差し込み・・・、

 

DSCN0009.JPG

雨仕舞い丸トップを取り付けたら、外部煙突が完成です!

 

DSCN0016.JPG

さあ、薪ストーブの搬入ですが、設置場所は2階のリビングルームですsurprise

手持ちで階段を上がるしかないので、可能な限り部品を取り外し、軽量化に努めていますcrying

 

DSCN0020.JPG

リビングに到着!

 

DSCN0025.JPG

外装パネルを組み付け、煙突と接続すれば、設置が完了です!

薪ストーブは、デンマーク製 スキャン社 アンデルセン10 です。

大型の対流式ストーブで、大きな窓からは美しい炎を見る事ができますwink

 

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2016.03.03 春の気配

ある晴れた日曜日、福岡市近郊の島へ、現場の下見に行きました!

 

DSCN0141.JPG

乗船する船が入港してきましたblush

 

DSCN0143.JPG

早朝と言うこともあり、乗船した車両は私のバイクのみsurprise

オーナー様より「車よりフェリー料金が安いし、島内も狭いのでバイクが良いですよ!」と、言うアドバイスを

頂いていたのでしたyes

 

DSCN0145.JPG

春の博多湾はとても穏やかですlaugh

 

DSCN0162.JPG

港に到着すると、なんとオーナー様がバイクでお出迎え!

現場まで、ショートツーリング気分ですcool

ヘルメットがお揃でした(笑)!

 

DSCN0153.JPG

薪ストーブの設置場所は2階南側!

しかも、屋根材はチタン鋼板のため特殊な納まりで穴を開けることができませんsurprise

そのため煙突を壁から出すのですが、照明灯具や何かの支柱が邪魔になりそうです・・・sad

でも、なんとかなるでしょうwink

 

DSCN0165.JPG

調査終了後、フェリーの時間に合わせて島内を一周しました。

島の北端から望むと、博多湾とその向こうに玄界灘が広がっているのが見えます。

島内の公園では、春を知らせる水仙の花が見ごろですlaugh

福岡の方なら、ここは何と言う島かもうお分かりですよねwink 

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2016.02.27 福岡より梅便り

福岡県太宰府市の新築住宅で薪ストーブの設置を行いました!

 

L1041545.JPG

現場にほど近い太宰府天満宮の境内には、見事に花をつけた梅を見ることができますlaugh

右の奥、白い花が有名な「飛び梅」です!

 

DSCN9690.JPG

さて、現場では・・・、内装工事が終わったタイミングで、室内煙突の取り付けですblush

 

DSCN9694.JPG

2階の天井より室内煙突を接続して行きます。

 

DSCN9695.JPG

1階の炉台まで煙突が下りて来ましたblush

なんとこの炉台、オーナー様がセルフビルドしたものですsurprise

 

DSCN9698.JPG

台車に乗った薪ストーブは、ノルウェー製 ヨツール社 F3です。

 

DSCN9700.JPG

炉台まで台車に乗って到着ですlaugh

 

DSCN9701.JPG

比較的軽量な薪ストーブ(124kg)なので、せーのッ!の掛け声で、台車から下ろしますyes

 

DSCN9704.JPG

朝から、設置の瞬間を待ち構えていたオーナー様により、無事に火が入りましたwink

我々も、一番ほっとする瞬間でもあります。

春の訪れとともに、薪ストーブシーズンも終盤となってきましたcrying

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka